FC2ブログ

エヴァンゲリオンのニュース・最新情報を主に紹介しています。
NEWS OR SCHEDULE
 2020年公開予定(公式サイト
「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q 全記録全集」 発売日未定
 2018年7月6日~2019年1月6日
 神戸 2018年7月21日~9月24日
 2018年8月登場予定
 石川 金沢市 2018年6月8日~7月22日

2018/05/13(日)
第30回すかがわ国際短編映画祭が2018年5月12日、須賀川市文化センターで
始まった。初日に行われた、30回の節目を記念したゲストトークには、
映画「シン・ゴジラ」の総監督を務めた庵野秀明さん(57)と
監督の樋口真嗣さん(52)、特撮監督の尾上克郎さん(57)が登壇。
ゴジラの生みの親で“特撮の神様”呼ばれる故円谷英二監督生誕の地で、
特撮への熱い思いを語った。
2018年5月13日 09:50
3監督...『特撮』への熱い思い 「特撮の神様」生誕の地で語る
http://www.minyu-net.com/news/news/FM20180513-269661.php

 3人は、市などとともに整備を予定している「須賀川特撮アーカイブセンター」について触れ、市民らの理解と協力に感謝を述べた。

 庵野さんは「これまで"特撮"というジャンルはなく、保護されるものではないとされていた」と指摘。「魂と技の継承が必要。若者に特撮をつくってほしい」と話した。

 樋口さんは、かつて特撮映画で使われた模型などの散逸について危機感を示し「日本中のミニチュアが廃棄されてきたが、自分たちにとっては宝。素晴らしい財産が須賀川に集結しつつある」と語った。

 尾上さんは「僕たちは円谷監督の孫弟子の世代で、特撮が当たり前にあるものと思っていた。CGの登場で、気付いたら特撮がなくなるのではと危惧し始めた」と語り、アーカイブ事業を通して「円谷監督、特撮、須賀川をもっと世界に知ってもらいたい」と述べた。


同映画祭では、2日間で国内外の優れたドラマやドキュメンタリーなど
計33本を上映予定。初日は3人が手掛けた特撮作品「巨神兵東京に現わる」、
メーキング映像「巨神兵が東京に現われるまで 
ミニチュアで見る昭和平成の技」などが上映された。
また、特撮を体験できるワークショップ「綿で雲をつくってみよう」も
行われた。

最終日の13日は、第81回アカデミー賞受賞作品「つみきのいえ」などの上映、
映画の仕組みが分かる工作体験が行われる。

同映画祭は、須賀川市が事務局を務める実行委などの主催、
福島民友新聞社などの後援。
開場は午前9時、上映開始は同9時30分。
当日券は大人800円、高校生以下は無料。

2018年5月13日 10:10
すかがわ国際短編映画祭開幕 
30回記念特撮文化語る 庵野監督らトーク

http://www.minpo.jp/news/detail/2018051351540




















2018年6月21日 19:00
「第30回すかがわ国際短編映画祭」ゲストトーク全文公開
http://atac.or.jp/2018/06/1606/


▼関連記事
「第30回すかがわ国際短編映画祭」で「巨神兵東京に現わる」を上映 
樋口真嗣、尾上克郎、庵野秀明によるトークショーも


NPO「アニメ特撮アーカイブ機構」(ATAC)ロゴ案のラフ

NPO法人「アニメ特撮アーカイブ機構」(ATAC)
理事長・庵野秀明のご挨拶文を公式サイトに掲載


スポンサーサイト
| |

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
※返事が出来ない時がございます。予めご了承ください。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://room666.blog.fc2.com/tb.php/27054-de87c700
※本文中に言及リンクのあるTBのみ受け付ける設定になっています。
※予告なくTBを削除する場合がございます。
この記事へのトラックバック
【AA】:Amazon(通販)

 / Template by